クロネコヤマト海外引越し便でドイツに荷物を送る

» 「日本からドイツへ国際小包を送る」はコチラ
 

日本から送った荷物がドイツに届く!

ドイツでの手続き、というよりは日本での手続きですが、クロネコヤマトで日本から送った荷物がやっと今日届きました。
かれこれ、船便は8/4に、航空便は9/21に送ってやっと今日(10/17)、船便は2.5ヶ月、航空便は約1ヶ月かかった計算になりますね。
とは言っても、フランクフルトにはもっと早く到着していたのですが税関チェックでやけに時間がかかりました(税関を除けば、船便は約2ヶ月、航空便は約1週間で到着)。

そう、発送はクロネコヤマトの海外引越し便にお願いしました。
正式にはヤマトロジスティクスの海外引越し便。
海外への引越しが慣れている人にはもっと安い会社があるのかもしれないですが、私は初めてで不安でしたし、有名どころを選択。
日本人スタッフが3Fの部屋まで(エレベータ無し)持ってきてくれ、日本でもドイツ入国後も同じ会社で継続してメールのやり取りが日本語で出来るというのは安心感がありました。
 

クロネコヤマト海外引越し便の種類

WEBサイトに行くと色々プランがありますが、私は先ず、時間がかかってもいい物を「海外引越ベーシックの船便」で送りました。
船便は到着まで2ヶ月ほどかかりますが(航空便よりは)安いです。
今すぐ使わないもの、食器など割れやすい物、重い物は船便がお勧めです(それに航空便より扱いが丁寧)。
重要視したポイントは、

  • なるべく費用を抑えたい
  • 梱包および到着後の設置は自分でやる
  • 荷物はそれなりに多い

海外引越し単身プラン」も良かったのですが、これはフランクフルトから100km圏内が条件。
Würzburgは100km圏外だったので利用できず。
フランクフルト100km圏内に住む方にはいいかも。

次に、私自身がドイツに入国する1週間前に航空便を発送。
当初「留学宅急便」を検討していたのですが、「留学宅急便」ですと箱ごとに料金がかかり
予定より箱数が多くなってしまい割高になってしまったので、結局、船便の時と同じ「海外引越ベーシックの航空便」を選択しました。
みなさーん、ぬいぐるみや枕はスペース取ります。
特に枕なんかは出国前夜まで使い慣れた物を使いたいのは分かりますが、船便で送ってしまうのをオススメします。

合計の数量は、船便7箱(そのうち1箱は服が詰め込まれた洋服ケース)、航空便4箱。
料金は、船便163,000円(海上保険料ミニマム 3,000円含む)、
航空便は149,000円(海上保険料ミニマム 3,000円含む)でした。
ご覧の通り、船便の方が安いです。
私の場合は航空便がなんだかんだで4箱になってしまい高くなってしまいましたが、箱数を極力少なくして 「留学宅急便」 を使うともっと安く抑えられるハズです。
 

クロネコヤマト海外引越し便の流れ

WEBサイトを見ると、各プランで見積もりを出してくれるシステムがありますが、直接問い合わせるのが早いです。
どこに、いつ、何のために引っ越すか、荷物は大体どれくらいになりそうかを直接メールして、相談した方がいいと思います。
ただ、先述の通り、フランクフルト100km圏内が条件なプラン等もあったりするのをスタッフが知らなかったり、高くなってしまうコースで見積もるスタッフもいたので(悪意はなく知らなかった模様)、各プランの内容にはざっと目を通し、自分も把握しておいた方がいいかと。

で、私の選んだ「海外引越ベーシック」の場合、先ず梱包材料(紙、プチプチ、紐、色々なサイズのダンボール)が届きます。
梱包するにも時間がかかるのでとにかく早く進めた方がいいです。
特に私は会社勤務しながらだったので土日にしか出来ませんでした。
空いた時間にとにかく詰めていくのですが、そのダンボールに何を入れたかの申告書みたいなものに記入しないとならないので、私は、先ず入れた物をメモ帳に書きながら詰めて、詰め終わったらそのメモをそのダンボールに仮り留めし、最後に正式な申告書に清書しました。
各箱の詰め状態(空き状態)に依っては、後から入れ替えたりするので清書は最後がいいです。
そうそう、梱包材料を手配いただけるという点も私には魅力でした(もちろん料金に含まれています)。

梱包、申告書に記入が終わったらクロネコヤマトに連絡して集荷に来てもらいます。
荷物を引き上げた後、正式な料金が提示されるので(もちろんそれより前に暫定的な見積もり有り)、それを銀行振り込みで支払い、クロネコヤマト側で支払い確認でき次第、発送作業へ入る、といった具合です。
 

送る際に気をつけること

新品はドイツで税金が掛かってしまうので(新品でなくとも新品に見えちゃうとダメー)、新たに購入したお茶碗や頂き物を、わざわざ全て空けて新聞紙に包み直しました。
結婚や留学など生活が理由での配送には税金はかけないようにしてくれているそうですが、新品と見られるものは売り物(商売目的)とみなされちゃうんでしょうかね、税金が掛かってしまうんだそうで。
念のため生理用品もわざわざパッケージから出してスーパーの袋に入れ直したり。
(↑こうすればさすがに売り物には見えないでしょう。しかし見た目が何というか焦燥感漂いまくり…)
※ちなみに生理用品は日本から持っていった方がいいと色々なところで書いてありました。

あと、航空便では電池を使うもの(電動歯ブラシ、ワイヤレスマウス、ワイヤレスキーボードなど)はNG、スプレー缶(制汗剤など)もNG、とにかくダメダメづくしなので、時間に余裕があるものは極力船便で送った方が良いかと。

なにはともあれ、無事荷物が届いて良かったです。
クロネコヤマトのスタッフの皆さん、ありがとうございました(特に3階まで運んでくれた方!)。

クロネコヤマトの荷物が届く

船便7箱、航空便4箱。右の巨大のは、服を洋服ケースに入れて丸ごと梱包したもの。持ち運びやすいように一応紐で巻いてみました。