コタツみかん

ドイツにもコタツみかんてあったんだ

コタツみかん。日本で言ういわゆる普通のみかんです。
ただ、こちらでみかんはオレンジになってしまうので
敢えて「コタツみかん」と呼ばせて頂きます。

とある冬の日、スーパーマーケットで馴染みのある懐かしい果物が見えるではないですか!
それこそコタツみかん。わぉ!買うよ買うよちょっと重いけど。
初めは半信半疑でしたが、大きさといいい柔らかさといい(すみません、ちょっと押しちゃった)
あの懐かしい日本のコタツみかん。

ドイツで見つけたコタツみかん

ドイツで見つけたコタツみかん。

買って家でさっそく食べたら紛れも無くコタツみかんでした。
なんだかとっても久しぶりで嬉しい。
日本では家にあってもそんなに食べなかったのに
あまり日本の食材が手に入らない環境にいると無性に恋しくなりますね。

ドイツで見つけたコタツみかん

残念ながら「とっても甘くて美味しいわ~」という事はないですが旬を楽しんでます。

ちなみにドイツ語で、普通のオレンジ(die Orange)と区別するには何と言うんでしょうね。
袋を見ると「Clementinen/Clementines」とありますが
「Clementinen/Clementines」を辞書で打っても人の名前しか出てこないんですよね。
私の好きな歌手「クレモンティーヌ CLEMENTINE」が出てきたり。
また「Mandarine」もコタツみかんに近いです。