海外旅行経験ナシ、一人暮らし経験ナシがドイツ人と結婚、笑いあり涙ありのドイツ生活の幕開け。

国際結婚したのはドイツだ?

食事・食材

ドイツの大晦日の食事

投稿日:2013/12/31 更新日:

ドイツの大晦日の食事はフォンデュとラクレット

ドイツで大晦日に食べるもの、日本で言う年越し蕎麦にあたるものは、フォンデュとラクレットです。
ただ、フォンデュもラクレットも、もともとはスイス料理だそう。

フォンデュ

フォンデュと聞くとチーズフォンデュが思い浮かぶと思いますが、こちらはオイルフォンデュです。
鶏肉、豚肉、牛肉、魚介をフォークに刺してオイルの中で揚げて食べます。
分かりやすくいうと衣無しの串揚げみたいな感じ。

ドイツ語でもそのまま das Fondue(フォンデュ)と言います。

ドイツの年末料理フォンデュ

ドイツの年末料理フォンデュ、材料は鶏肉、豚肉、牛肉と様々。ソースも色々。

ドイツの年末料理フォンデュ

オイルフォンデュ。フォーク(串)に材料を刺してオイルの中で揚げます。

ドイツの年末料理フォンデュ

鶏肉がこんがり揚がりました。揚げたてはやっぱり美味しい。

動物性のオイルを使うので(固まると白くなるやつ)、食べすぎには注意。
後片付けは、1日置いておいて次の日、白く固まってから新聞紙に出して捨てればいいので、ある意味、植物性油より簡単かもしれません。

ラクレット

それから、ラクレット(Raclette)。
平たいスプーンの様なプレートの上に、ポテト、野菜やハム、トップにチーズを乗せて、ちょっとこんがりするくらいまで焼いて食べます。
チーズ好きならハマります。

ポテトや野菜にチーズを乗せて焼いたもの

ドイツの年末料理ラクレット。ポテトや野菜にチーズを乗せて、ちょっとこんがりする位まで焼いて食べます。

ドイツの年末料理フォンデュ

材料がテーブルに乗りきらなくて、椅子にも乗せはじめる始末。椅子の上の材料はフォンデュ用ではなくて、ラクレット用。

我が家では毎年年末のディナーは、このオイルフォンデュとラクレットを食べています。
 

-食事・食材
-

Copyright© 国際結婚したのはドイツだ? , 2019 All Rights Reserved.