ケーキ屋さんのケーキ

ドイツのケーキ屋さん

ケーキ屋さんと言いましてもベーカリーでもあります。
思い返してみれば、純粋にケーキだけ売っているケーキ屋さんは見たことがなく
ベーカリーがケーキも売っている、というパターンが殆どなような。

以前、アメリカに住んでいる友人が
「アメリカではパウンドケーキのような焼いたケーキが殆どで
生クリームが乗ったケーキが食べたくなっても無くて探すのに苦労した。」と言っていたので
ドイツでもそうなのかな、と思っていたら
ちゃんとありました、生クリーム系のケーキ!
(ちなみにその友人はフランス菓子屋でやっと生クリームケーキに辿り着いたそうです。)

ドイツのケーキは安い

第一の感想はまずこれですね。日本に比べて安い。
1カット2~2.5ユーロ程度です。今(2014年2月)円安で1ユーロ140円だとしても280円~350円くらい。
日本で280円くらいのケーキだとたかが知れていますよね(なんて言っちゃいけないのかな)。
でもドイツのケーキはその値段でもちゃんと美味しいです。
そもそも、日本のデパ地下にあるような1カット700円のようなケーキが無いです。

あ、そういえば、ロバートの家族を新宿伊勢丹のデパ地下に連れて行った時は
感動していたのと同時に値段の高さにも驚いていました。

ドイツのケーキは(も?)包装がラフ

ケーキに限らず何でもそうなのですが、ドイツは包装がラフです。良く言えばエコ。
ケーキを四角い紙皿に乗せて、紙皿ごと薄い包装紙で巻いたものがケーキの包装です。

日本でもケーキは斜めにならないように手で持って帰りますが
ドイツでは持ち手も無いですし箱じゃないので上には何も乗せられません。
エコバッグなんかがケーキの為だけに使えるなら使うに越したことはありませんが
大体が買い物ついでにケーキ屋に寄るので、エコバッグは他の食材で埋まっていることが殆ど。
結局は手の平に乗っけて持って帰ります。
「ほら見て~。私はケーキを買いましたのよ~。おほほほほ。」てな具合に見せびらかしながら。

ドイツのケーキの梱包

これがケーキの包装です。

ドイツのケーキ

包装をあけると四角い紙皿にケーキが乗っています。シンプル。
この日は「チョコレートなんたら」と「ナッツなんたら」(すみません!)を買いました。両方ちゃーんと美味しかったです。