Backöfele(バックエーフェレ)

Backöfele(バックエーフェレ)エントランス

würzburgのお勧めドイツ料理レストランBacköfele(バックエーフェレ)

ヴュルツブルク(Würzburg)で、3本の指に入るであろう、オススメのレストランがBacköfele(バックエーフェレ)。
ヴュルツブルクにはイタリアン、メキシカン、中華、寿司など、色々素敵なレストランがありますが
そんな中でこのBacköfele(バックエーフェレ)は純粋なドイツ料理のレストラン。

Backöfele(バックエーフェレ)のメニュー

純粋なドイツ料理と聞くと、私たち日本人はウインナー、ザワークラウト、ポテトなどを想像しがちですが
いえいえ、ビーフ、ポークから魚まで、様々な食材を丁寧に味付けした料理を頂く事ができます。
味付けも日本人外国人関係なく、美味しいものが分かる人には魅力的な料理ばかりです。

今まで数回行った中で私が食べたのは(ロバートから一口もらったのも含めて)

  • 白身魚のムニエル(?)
  • ショイフェレ(Schaufele)=豚肉のかたまりを柔らかくなるまで煮たやつ
  • ザウアーブラーテン(Sauerbraten)=少し酸味がきいたビーフシチューのビーフみたいなやつ
  • ヴァイスブルスト(Weiswurst)=白いソーセージ
  • カタツムリのガーリック焼き

などなど。
どれも美味しかったです!
デザートも美味しいらしいのですが、一皿が多くて、いつもデザートまでたどり着けません。

気になるお値段

一皿10,00~20,00€程しますが、先述の通り一皿で十分な量なので
一品プラスビール一杯で一人20,00€ちょっと。質を考えるとお安いです。

店内の雰囲気

店内もステキ。室内なのに屋外にいるような石畳の床、重厚感のある木のテーブルと椅子。
暗めの照明とローソク。まるで異空間に入り込んだようです。

Backöfele(バックエーフェレ)は時々著名人も利用するそうで、とにかく人気。
週末やイベントシーズンなどは、予約は必至のようです。
私たちがクリスマスシーズンに行った時は、ほぼ全席予約済みで、
それでも運よく(ホントに運よく)隅っこの席に座ることができました。

おそらく同じくヴュルツブルクに住んでいる日本人男性が
日本から家族を招待したと思われる一団も来ていました。
要は、連れて来るにはベストなレストランなのでしょう。

場所は表通りからちょっと入ったところ。
エントランスは厚い木の扉で中は見えず、隠れ家的な雰囲気です。
(隠れ家というか秘密結社の本部か?)

私もまた行きたい。今度はデザートにも挑戦してみたいけれど多分たどり着けないんだろうな~。
一皿をもうちょっと少なくしてくれないかな。

バックエーフェレ(Backöfele)エントランス

エントランス。初めてだと扉を開けるのには勇気が要りますが、「えいっ!」と思い切って開けてみましょう。

バックエーフェレ(Backöfele)店内

昼の店内。天井のガラス窓から陽が差し込みます。

バックエーフェレ(Backöfele)店内

夜の店内。ぐっとムーディーに。特にクリスマスシーズンだったので、照明も豪華。

バックエーフェレ(Backöfele)白身魚の料理

白身魚の料理。魚が下に隠れちゃってますが、上に乗っている緑のはマッシュポテトみたいなもの。魚料理も美味しい!

バックエーフェレ(Backöfele)のショイフェレ(Schäufele)

バックエーフェレ(Backöfele)のショイフェレ(Schäufele)=豚肉を柔らかくなるまで煮込んだようなもの。大体一皿にはクネーデル(Knödel)=じゃがいもの団子が付いてきます。

バックエーフェレ(Backöfele)のザウアーブラーテン(Sauerbraten)

ザウアーブラーテン(Sauerbraten)=牛肉を煮込んだもの。本来は馬肉を使うのだそうですがこれは牛肉。味はビーフシチューのビーフに似ています。奥はお約束のクネーデル(Knödel)、左は紫色のザワークラウト(Sauerkraut)。

■お店情報