ハンドソープを買う

ドイツでハンドソープを買う

ドイツでハンドソープを買うなら 「Seife(ザイフェ)」 という文字と、
Hand(ハンド)」 又は 「Hände(ヘンデ)」 という文字を気にして探しましょう。
Seife はドイツ語で石鹸(ソープ)、Hand は手で Hände は手の複数形。

これは一例なのですが、まぁひとまず以下の画像をご覧ください。

ドイツでハンドソープを買う

ドイツでハンドソープを買うなら「Seife」と「Hände」の文字を探しましょうー。「HANDSEIFE」と、つないで書かれている場合も。

メーカーのロゴ「Cien」の下に「bodycare」とありますよね。
これがトリッキーで、Seife の言葉も分からない頃は「bodycare?じゃこれはボディーソープ?」なのかと思って混乱しましたよ。
これは「Cien bodycare」というひとつの名称なんですよね。あぁもう…。

とにかく、「Seife(ザイフェ)」、 「Hand」 又は 「Hände」 という文字が確認できれば、それはハンドソープです。
逆に「Seife」と「Hand」が書かれていてハンドソープでないなら何なんだ。
 

オススメのハンドソープ

ここずっとリピートして使っているのが、ドラッグストアdmから出ている「Balea」シリーズ。
中でも「antibakteriell(抗菌)」を主にキッチンで使っています。
値段もお手頃 0.95€(2017年2月現在)。

ドイツのオススメハンドソープBaleaのantibakteriell(抗菌)

おすすめハンドソープ。Baleaシリーズのantibakteriell(抗菌)。

これとは別に「Balea」シリーズの「küchenseife(キッチン用)」というのもあって、名前からするとこっちの方がキッチンに適しているのでは?と思いますが、ただ、このキッチン用はレモンの香りと言えども香料臭が強くて、香りの残った手で食品を扱うのがちょっと気になってしまい(特に果物とかダイレクトに出す時)、1回使ってから買っていません。
前者の抗菌の方でしたらほぼ無臭なので気にせず使えます。

ドイツのハンドソープBaleaのküchenseife(キッチン用)

Baleaシリーズのküchenseife(キッチン用)。

日本でも名の知れた「Frosch」シリーズなら、日本へのちょっとしたお土産にもいいかもしれませんね。

ドイツのハンドソープFroschシリーズ

日本でも有名なFroschシリーズ。画像は詰め替え用パッケージですが、色々なボトルが売っています。


 

余談

そういえば、先述の通りソープをドイツ語で Seife(ザイフェ)と言うのですが、普通に英語読みすると 「サイフェ」 になりますよね。
語学学校で「日本語でPortemonnaie(←財布)って何て言うの?」と聞かれたので「サイフ」と答えたら「石鹸みたい!」と、ちょっと盛り上がりましたっけ。