スーパーマーケットでの買い物ルール

ドイツのスーパーマーケットは殆どが入口と出口が別

ドイツのスーパーマーケットは入口と出口が別(なところもある)。
要は、一度入ったら商品買うまで出られない。
↑それはちょっと大袈裟として、もちろん欲しい物が見つからなければ買わなくてもいいのですが、何もないままレジの前を通らなければならないので、その度胸があればいいと思います。

後日談 ― 全てのスーパーマーケットがそういう訳ではないです。
入口と出口が一緒のところもありました。
なんとなくですが、安さをウリにしているスーパーマーケットほど、入口と出口を別にしている感があります。
 

ドイツのスーパーマーケットの袋は有料

ドイツのスーパーマーケットの袋は有料です。ビニール製0.1~いい物だと1€くらいでしょうか。
日本より高いですが、その分しっかりした生地で(遠足などで下に敷くシートみたいに厚い生地の物も)、物に依ってはマチ部分がかなり幅広のもの、持ち手部分が布製のもの、口にマジックテープが付いているもの等、種類も豊富です。
袋が欲しい場合はレジカウンター近く(たいていカウンター下)にあるので、カウンターに乗せて商品と一緒に買います。

ドイツのスーパーマーケットの有料袋

ドイツのスーパーマーケットの有料袋。これはスーパーマーケットKupschのもの。かなり大きく頑丈で、マジックテープも付いています。


 

スーパーマーケット店内で何を使うか

さて、ではドイツのスーパーマーケットの店内で商品を運ぶ時、何を使うか。

  • 手で抱える
  • エコバッグなり何なり、持ち前のバッグ又は袋に入れていく
  • スーパーマーケット備え付けのカート又はカゴ(カゴがない場合もあり)を使う

の三択になります。

手で抱える

その言葉のまま手で抱えますので簡単ですが量に限りがあります。
今日は何を買うか予め分かっていて、その量が少数の時だけ使えます。
「あ、牛乳きれてた。買ってこなきゃ。」みたいな時。

エコバッグなり何なり、自前のバッグ又は袋に入れていく

スーパーマーケットの有料バッグを買いたくない場合は、自前のエコバッグなり何なりを持参します。
バスケットのようなカゴを持ってくるおじいちゃんも見かけますし、以前に買ったスーパーマーケットの袋を持ってくる人もいます。

そしてスーパーマーケット店内でも、その自前のバッグに商品を入れていきます。
でも私は、この自前のバッグに商品を入れるやり方はしていません。
ただでさえ西洋人以外は難民のように思われているので、自前のバッグに商品を入れていくのは泥棒と思われそうで、私はこのやり方は避けています。

以前、買ったスーパーマーケットの袋を持っていった時は、「それ買ったやつか?」 みたいなことを聞かれ 「家から持ってきたものです」 なんてやり取りが発生し、面倒なのでスーパーマーケットの袋使用もちょっと避けています。

スーパーマーケット備え付けのカート又はカゴを使用する

私はこれ。
自前のバッグ(やっぱりリュックが便利ですよ~)を持っては行きますが、スーパーマーケット店内では備え付けのカートかカゴを使用。
カートは大きく音もうるさいので本当はカゴがいいんですが、スーパーマーケットに依ってはカゴが無い場合があるので、まぁ大体カートですかね。

 

スーパーマーケットのカートを使うにはコインが必要

で、実はスーパーマーケットのカートを使うにはコインが必要なのです。
とは言っても有料という訳ではなく、カートを戻せばコインは返ってきます。
おそらくカートを盗む(もしくは戻さずにそこら辺に置いちゃう)人がいるのでその方法にしたのだと思いますが、とにかくスーパーマーケットでカートはチェーンで繋がれています。
そのチェーンを外すにはコイン(大体1€コイン、たまに2€コインもOKのトコも)を入れる必要があります。
そしてカートを戻す際はチェーンを差し込めばコインが出てきます。
(一度、ロバートが日本円の10円で挑戦したら外せた事があってビックリ。)

そんなわけで、私は1€を常備しているのですが、たまたまコインがきれちゃった人もいて、そんな人は誰かがカートを戻すのを見計らって、両替を頼んでいます。
私は日本でもそうでしたが、人から尋ねられることが多く、よくスーパーマーケットで両替を頼まれます。
私がまだコインの額がよく分からなかった時、1€分(50セント2枚)を2€コインに替えてあげそうになってヤバかった!
相手がいい人(というかまともな人)だったので「これ多いよ」と指摘してくれたので良かったですが。

スーパーマーケットのカート

スーパーマーケットのカートは鎖で繋がれています。

スーパーマーケットのカート

カートの鎖を外すには、コイン(1€か2€)が必要です。

 

ドイツのレジは客の方が忙しい

ドイツのレジは、日本のように店員が値段を読み取った商品をカゴからカゴに移していき、最後にカゴごと渡してくれるシステムではありません。
ドイツのレジはローラー式で、店員が(多分)足踏み式でそのローラーを進めていき、読み取り機にバーコードをかざして値段を読み取り、読み取った商品はどんどん端に置いていきます。
客はゆっくりお金の用意をしていればいい訳ではありません。忙しいです。
ドイツのスーパーマーケットのレジで客がやること、

  1. 商品をローラーに乗せていく
  2. 私の商品はここまでですよ、というバーを置く
  3. 前の人の商品を読み取っている間に財布を用意しておいた方がいい
  4. 自分の番になったら 「Hallo」 と挨拶
  5. 値段を読み取られて置かれた商品を自分でカートなり自前のバッグに入れていく
  6. 合計を言われるので支払う
  7. 別れの挨拶 「Tschüs」 を言って速やかにレジから離れる

1 の「商品をローラーにどんどん乗せていく」のはその言葉のまんまで特に問題なし。

2 のバーに関しては、要は客がどんどんローラーに商品を乗せていくので境界線を付ける必要があるのです。
なんとなく、自分が商品を置き終わったら末尾にバーを置くのが基本ぽいですが、もし前の人がバーを置いていなかったら、前の人と自分の商品の境界にバーを置きます。
もしレジで自分の後ろに並んでいる人がいなかったらバーを置く必要はない感じです。
バー自体はレジカウンターのローラー部分に並行する形で置いてあります。

47 の挨拶はお約束なので、店員さんに言われたら言い返しましょう。
始めの挨拶は殆ど 「Hallo(ハロー)」 、Hallo以外は聞いたことがないです。
別れはカジュアルな 「Tschüs(チュース)」(←ヤンキーではない)か、ちょっとフォーマルな 「Wiedersehen(ヴィーダーゼーエン)」 。
正式には 「Auf Wiedersehen(アウフ ヴィーダーゼーエン)」 ですが、ここまで丁寧に言うのは稀だと思います。

そして、56 が慌てるピークで、値段を読み取られた商品がどんどん端に置かれていくので
それを客がカートか自前のバッグにどんどん入れていきます。
そうこうしているうちに合計額を言われるので支払わなければなりません。あわわわわ。
しかも大きな札を出すのはあまり好まれないようで 「小さいのは無いか」 と聞かれるので、できるだけ細かく出した方がいいです。
スーパーマーケットで50€札を使うのはあまり見ないですし、100€札はレア中のレアのよう。
私は始めの頃は、札でばかり支払っていて財布がお釣りのコインでパンパンになったり、店員さんから 「私が見てあげましょうか?」 と言われ、財布ごと渡したりしたことも。

大抵レシートはくれますが、もしくれなくて、でも欲しい場合は 「Den Kassenbon, bitte. (デン カッセンボン ビッテ)」 と言えばくれます。

ち・な・み・に
挨拶の話ですが、こちらから挨拶しても無視する店員が(私の知っている中で約1名)います(気分は中指立てたポーズでヨロシク)。
他の客とは喋っているので、ま、アジア人がお嫌いなんでしょうね~、あ~そ~。
じゃ聞くけど、そういうお前はそんなに偉いのか?
たいてい、そういう店員は激安スーパーマーケットで働いている確率が高いです。
それなりのスーパーマーケットでは(おそらくちゃんと訓練されているので)そんな失礼な店員はいません。

そういうこともあるので、挨拶は、されたらする方が嫌な気持ちにならなくて済むのですが、もちろん自分から挨拶する方がステキです!そんな大人になりたい(十分大人だけど)。

» 買物で使うドイツ語はこちらで詳しく書いています