Würzburger Ratskeller(ビュルツブルガー・ラッツケラー)

ドイツ料理店 Würzburger Ratskeller(ビュルツブルガー・ラッツケラー)

ロバートの誕生日ということで、週末にはロバートのご両親がWürzburgまで出てきて
一緒にレストランに行きました(もちろん誕生日当日は家で二人でお祝いしましたが)。
レストランはお義母様のリクエストでWürzburger Ratskeller(ビュルツブルガー・ラッツケラー)。

Würzburger Ratskeller(ビュルツブルガー・ラッツケラー)エントランス

Würzburger Ratskeller(ビュルツブルガー・ラッツケラー)エントランス。
ひと目ではレストランと分からないかも…。

Würzburger Ratskellerメニュー

純粋なドイツ料理店です。
Backöfele(バックエーフェレ) の記事にも書きましたが、ドイツ料理と聞くと、
私たち日本人はウインナー、ザワークラウト、ポテトを想像しがちですが、どちらかというと、ポークがメインな感じです。
他にもビーフから魚まで、色々な美味しくてボリューミー(これは想像通り!)な料理が楽しめます。
ドイツ料理店なら必ずある「ショイフェレ(Schaufele)=骨つき肩肉を、場所によっていは煮たり、焼いたりした料理」。
いいレストランなら、ショイフェレを頼んでおけば間違いないくらいメジャーで美味しいです。
ただ、かなりボリュームがあるので、女性だと、一皿全部は食べきれません。
それは分かっているのだけど、お腹をすかせてメニューを見ると、
「せっかくいいレストランに来たんだもん、ショイフェレにしよっ!」となってしまうのです…。

お値段

一皿10,00~20,00€程度。
今回、大人4人で料理一皿ずつ、ビールなどドリンクを1杯(人によっては2杯)、コーヒーとデザートも頼んで(デザートは一皿をシェアでしたが)合計100€ちょっとだったと思います。
お義母様が支払ってくださいました。ごちそうさまです!

ドイツに来てから思うのですが、日本のレストランて高いよなー、と。
日本で、大した味でなくても高いお店に当たると、騙された感がして残念です。
値段が高いのは土地代も絡んでいるからだとは思いますが、味はもちっと頑張ってよ、と思うのです。

店内の雰囲気

場所はWürzburgの名所のひとつである古い橋「Alte Mainbrücke」に行く道の途中、右手にあります。
見逃してしまうかもしれない、こぢんまりとした入口ですが店内は広く、半地下にテーブル席が広がります。
レストラン部分とバー部分が分かれていて、更にレストランスペースでも色々な部屋に分かれていて
それぞれ異なった魅力があり、どのスペースでも楽しめると思います。

メイン通りに面しているので観光客が多かったようです。
フランスの家族連れや中国人のグループがちらほら。

Würzburger Ratskeller(ビュルツブルガー・ラッツケラー)店内

Würzburger Ratskeller(ビュルツブルガー・ラッツケラー)店内。

Würzburger Ratskeller(ビュルツブルガー・ラッツケラー)店内。

Würzburger Ratskeller(ビュルツブルガー・ラッツケラー)店内。

Würzburger Ratskeller(ビュルツブルガー・ラッツケラー)店内。

Würzburger Ratskeller(ビュルツブルガー・ラッツケラー)店内。
男同士でも来たくなる美味しさ!といったところでしょうか。

Würzburger Ratskeller(ビュルツブルガー・ラッツケラー)のショイフェレ

Würzburger Ratskeller(ビュルツブルガー・ラッツケラー)のショイフェレ。
これが美味しいんですわ。ただ、ほんとボリューミーなので、添えてあるダンゴ クネーデル(Knödel)は無くてもいいくらい。

Würzburger Ratskeller(ビュルツブルガー・ラッツケラー)のデザート

Würzburger Ratskeller(ビュルツブルガー・ラッツケラー)のデザート。今回はロバートの誕生日ということもあり?デザートも頼んで半分こずつしました。

■お店情報