ドイツのバレンタイン

ドイツのバレンタイン

「日本のバレンタインは凄いよね」 とロバートが言っていたので「ということは、ドイツではバレンタインは特に何もしないのね」と余裕かましてたら、いえいえ、そこらのお店やネットショップでもバレンタイン特集が組まれているでは~ないですか。

スーパーマーケットのチラシもバレンタイン特集、ミルカやお菓子メーカーも、こぞってバレンタインバージョン商品を出しています(とは言え、その後にやってくるイースターの方が盛大ですが)。

ただ、日本で定着している以下のような認識はないようです

  • 女性から男性に告白する日
  • ドイツでは、どちらかというと男性がカップルの女性に花束をあげるのが基本のようです。

  • 義理チョコ
  • 女性から男性に贈り物もあるようですが、あくまでカップル間での話であって、義理チョコというものは存在しない模様。
    他の人に義理チョコをあげようもんなら、ステディな彼がいるのに他の人にも気があるのよ、というニュアンスとして受け取られてしまうようです。
    変な誤解でケンカに発展しないためにも、義理チョコは避けた方が良さそうです。

さて、私はといえば、本来でしたらチョコレートケーキなんかに挑戦してみたいところですが、お菓子作りに明るくないうえ、バレンタインが平日だったりすると、(仕事もあるので)作っている時間もなく、殆どチョコは買ってしまっています。
 

ドイツのバレンタインチョコレートあれこれ

巨大クッキー詰め合わせ

普通のチョコレートを買うのもつまらないなーと思っていたら、見つけました!巨大クッキー詰め合わせ!

あ、クッキーが巨大なのではないですよ、クッキーは普通の大きさなのですが、それが沢山入っているというもの。
山盛り入っているからといって質が悪いというわけではなく、ちゃんとした美味しいクッキーが色々楽しめます。

巨大すぎてレジカウンターに乗せる際も工夫が必要でした。
スーパーマーケットのスタッフもちょっと笑っている。
いやいや、きみんとこが売ってるんでしょーが(と心の中でツッコミ)。

家でサイズを計ってみたら、90x21cm。と言われてもピンときませんか?
そんな方はどうぞ画像をご覧ください↓。

ドイツのバレンタインデー巨大クッキーの詰め合わせ

バレンタインデー仕様の巨大クッキーの詰め合わせ。これで数週間クッキーに困りません。

ただ、これ、バレンタインデー当日に買ったわけではなく事前に用意していたのでどこに置いておくか迷いました。
なにせデカイので。結局、私の洋服ダンスの中に隠しておきましたけど。
 

カップ入りのチョコレート詰め合わせ

バレンタインデーの1週間前にロバートの両親がWürzburgまで出てきたのですが、その際にカップ入りのチョコレート詰め合わせを頂きました。
その時は普通に手土産だと思っていたのですが、これはバレンタインデーのギフトだったのですね。
素敵です。ありがとうございます。
というか、私も何か用意しとくべきだったかしらん…?

ドイツのバレンタインチョコレート

ロバートの両親からはカップに入ったチョコレートの詰め合わせ。ロバートと私あて。


 

2014年のバレンタイン

ロバートからは薔薇の花束!

オレンジ色がキュートな薔薇の花束です。うーん、センスいいな。
ロバート曰く、本当は白を買おうと思ったらしいのですが白い花は日本でお葬式に使うイメージがあったからやめたんだそうな。
うーん、全てがそういう訳でもないのだけど、よくご存知で。
でも私は白よりオレンジで良かった。ありがとう!

薔薇の花束

ロバートからはオレンジの薔薇の花束。