ドイツのイースターって何するの?

eggs-1221984_640
日本ではあまり馴染みがないですが、ドイツでは重要な春のイベント、イースター(復活祭)。
ドイツ語で Ostern(オスターン)。
イエス・キリストが死後3日目によみがえった「復活」を祝う日です。
クリスマスとともに、キリスト教徒にとっては最大の祝日となります。

 

イースターっていつ?

3月後半~4月前半の流動的な祝日

ドイツは1月が1年で1番退屈な月で(と勝手に思っている)、2月はバレンタインがあるものの、ドイツではそれほど大々的でもない、そして3月後半~4月にやってくるのがイースタァァァァ。

この 「3月後半~4月」 と曖昧に言うのにはワケがあって、実はイースターの日にちが年によって変わる、流動的な祝日だからなんです。

では、その年のイースターがいつなのか、どうやって知ればいいのでしょうか。
調べてみたところ「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」。
や、ややこしい…。

だいたい日本人でさえ、その年の春分の日がいつかも分かっていないのに、更にそれから後の満月の、次の日曜日ときたもんだ。

しかも西の教会と東の教会でまた違った計算をするそうで、キリスト教ではない我々日本人としてはなんだかピンときません。
果たして、ドイツの方々は、その年のイースターがいつなのか分かっているのでしょうか。

とは言っても、スーパーマーケットのチラシに「OSTERN」と見出しが出てきたり、チョコレートの陳列も始まるので、あぁ、なんかそろそろなのね、と何となく知ることはできます。

ちなみに、
2017年のイースターは4月16日
2016年は3月27日、2015年は4月5日、2014年は4月20日でした。

ドイツではイースターの前の金曜日、その後の月曜日がお休み

また、イースター当日である日曜は Ostersonntag(オースタ ゾンターク)、それを挟む金曜は Karfreitag(カー フライターク)、次の月曜日は Ostermontag(オースタ モンターク)と言い、4連休になります。

平日のつもりでいたらお店が休みだったりするので注意。
ただ、4連休といっても、挟まれている土曜は通常の土曜なので、郵便局やスーパーマーケット等は土曜時間で営業します。
なので、木曜日に4連休分買いだめしなければならないわけでもありません。
土曜時間とは、たいてい郵便局は8:30~13:00、スーパーマーケットは8:00~18:00(店や支店に依るかもしれません)。
 

イースターって何するの?

イースター(復活祭)は、豊かな収穫や家族の繁栄を願うイベント。
メインはなんといっても 卵:Ostereier(オスターアイアー)ウサギ:Osterhase(オスターハーゼ)
「卵」は新しい生命、つまり復活の象徴で、「ウサギ」は多産という点から、繁栄、収穫のシンボルなのだそうです。

この時期は、タマゴ型やウサギ型のチョコレートがスーパーに陳列されます。
実際、バレンタインの時より、イースターの時の方が大きくスペースを取って大々的に陳列され、各メーカーから発売されるチョコレートの種類もバレンタインの時より種類も多く華やかです。

イースター当日には、ウサギが卵を隠したという伝承を基に、親が家の中に卵型のチョコレートを隠し、子どもがそれを探します。
そして家族でご馳走を食べるのが習わし。
クリスマスと似ていますね。
ただ、クリスマスには鳥料理が主流ですが、イースターはウサギや羊の肉を使った料理が伝統的だそうです。
 

ドイツのイースターチョコレート色々

スーパーマーケットには、ウサギ型やタマゴ型のチョコが色々陳列され、買いたい衝動に駆られます。
日本に帰る時、本来ならこういうのをお土産に買って帰りたいところですが、残念ながらイースター期間限定なんですよね(イースター前後に帰国するならいいのでしょうけど)。

ということで、イースター チョコレートの紹介を。

イースターチョコレート詰め合わせ

まずは詰め合わせから。
ロバートのご両親が詰めあわせてくれたもの。

イースターお菓子詰め合わせ

イースターお菓子詰め合わせ。イースターエッグ(ゆで玉子)も入れてくれました。


イースターチョコの詰め合わせ

イースターチョコの詰め合わせ。ミルカのウサギ型チョコ、リンツのウサギ型チョコ、タマゴ型チョコを、これまた可愛いバケツに入れてくれました。


リンツのうさぎ型チョコレート、オスターハゼ

これはドイツではなくスイス、リンツ(Lindt)の オスターハゼ(Osterhase)=ウサギ型チョコレート。
うひょー!超カワイイ!これは、ちゃんと小さな紙バッグに2匹入って1セットです。
同じ種類で大きい物から小さいものまで色々あります。首の鈴はちゃんと鳴るんですよ。ステキ。
同じくリンツのクマ型クリスマス・チョコレートもカワイイですよ。

リンツのオスターハゼ、ウサギ型チョコレート

リンツのオスターハゼ、ウサギ型チョコレート


イースターのウサギチョコとイースターエッグ

リンツのオスターハゼとイースターエッグ。

リンツのタマゴ型チョコレート

リンツからは、タマゴ型チョコレートも色々出ていますが、個人的にお気に入りなのがコチラ、3種類の味が楽しめるMISCHUNG(ミシュング=寄せ集め)。
味は、Eierlikör-Vanille、Preiselbeere-Zabaione、Cappuccino-Sahne。

Eierlikör-Vanille は、ドイツのクリスマスマーケットで有名な卵酒にバニラを効かせたテイスト。
よって、アルコールが入っています。
Preiselbeere-Zabaione は、クランベリーとイタリアのデザート「ザバイオーネ」をミックスしたテイスト(バイオハザードではない)。
Cappuccino-Sahne は、その名の通り、カプチーノ+クリーム。

個人的にはアルコールが効いている「Eierlikör-Vanille」が一番好きかな~。

リンツのイースタ―タマゴ型チョコレートMischung

リンツのタマゴ型チョコレートMischung。3種の味が楽しめておトク。


リンツのイースタ―タマゴ型チョコレートMischung

味は、Eierlikör-Vanille、Preiselbeere-Zabaione、Cappuccino-Sahne の3種類。

同じくリンツの卵型チョコレート。
これはパッケージの缶がかわいい。
缶はアボカドくらいのサイズで、中にタマゴ型のチョコレートが入っています。
チョコの味は Nougat(ジャンドゥヤ=ナッツペーストとチョコのミックス)で、なめらか。
お値段は 5.49€ で、ちょっとしたお土産にもオススメ。

リンツのタマゴ型チョコレート(缶入り)

リンツのタマゴ型チョコレート(缶入り)。この他にも色々な柄の缶があります。


リンツのタマゴ型チョコレート(缶入り)

中身はこんな感じで、タマゴ型のチョコレートがいくつか入っています。

ミルカのイースターチョコレート

勿論、ミルカからも色々なイースター限定チョコレートが出ます。

その中から、卵型のチョコのひとつ。
チョコの中身はクリームかとおもいきや、飴というか、なんと言えばいいんでしょう、ザクザク噛める飴、例えて言うならサクマのいちごみるくキャンディーの中身みたいな感じ。
味はメープルですが。

ミルカの卵型チョコレート

ミルカの卵型チョコレート


ミルカのタマゴ型チョコレート

かじると中身はこんな感じ。

次は本格的にタマゴのパッケージに入っているタマゴ型チョコレート。
4個入りで丁寧にスプーンも2個ついています。
中身は柔らいチョコクリームで、食後のデザートとして贅沢にゆったり味わいたい一品(って、グルメ紹介みたいになってますが)。

ミルカの卵型チョコレート

ミルカの卵型チョコレート。ホントにタマゴみたい。


ミルカの卵型チョコレート

4個入でスプーンも2個ついています。

ひつじ型のケーキ、オスターラム(Osterlamm)

初め見た時、これが何の形なのか分からなくてカモかな~とか思ったりしたんですが、ひつじでした…。
スポンジケーキにチョコがけしたもので、味も美味しく本格的なケーキ。
日本ではイベント事のお菓子って形ばかりにこだわって中身は期待できないものが多いですが、ドイツでは味もちゃんと作られている印象を受けました。

オスターラム(Osterlamm)

オスターラム(Osterlamm)

たまご型のお菓子、Ostereier(オスターアイアー)

これは、チョコレートやバニラクリームをタマゴ型のワッフルで挟んだもの。
クリームは日本のコロンに似てるかな。
私は案外気に入っていて、時々買ってきたりします。
ただ、ワッフルで軽いので、パクパクと食べれちゃうのが危険と言っちゃあ危険。

ヴァッフェル・アイアー(Waffel Eier)

ヴァッフェル・アイアー(Waffel Eier)


 

我が家のイースター

イースターは、ドイツでは誕生日、クリスマスに並んで重要な日とされています。
義両親は毎年何かしらイースターにちなんだお菓子などを持ってきたり送ってきてくれますが、夫ロバートはキリスト教徒でないからか、もともとイベント事に興味が無いのか、我が家では特別何をするでもありません(笑)。
申し訳ないながら「休みで嬉しいな」程度になってしまっています。

でも、娘も産まれたし、これを機に少しずつイベントっぽく盛り上げていった方がいいのかなとか、でもキリスト教徒でもないのにただ真似事だけをしていいのかとか、なんとも微妙です。