クリスマスマーケット in Würzburg

Würzburg(ヴュルツブルク)のクリスマスマーケット。
この日私達が行った時は初日で週末だからなのか、凄い人混み!
ここは東京か?とちょっと懐かしくなってみたり。

ドイツのクリスマスマーケット2013

クリスマスマーケット。とにかく沢山の人。

ドイツのクリスマスシーズンは特別なもの

週末は閉まっているデパート(?)やお店もこのシーズンは開いていて、バスも特別運行。
ドイツの(欧州の?)人々にとってどれだけクリスマスが特別なものなのかがよく分かります。
クリスマスマーケット広場には既にサンタコスプレの人たちもいて、お酒を飲んで楽しそう。

ドイツのクリスマスマーケット2013

クリスマスマーケット広場。既にコスプレサンタもうようよ。

クリスマスマーケットで買えるもの

クリスマスオーナメント、オーナメント用(?)巨大クッキー、キャンドル、
キッチンツール(特にお菓子作りの)、おもちゃ。
おもちゃは電化製品ではなくて、パズルなど木製のものです。だるま落としもありました。

クリスマスマーケットで食べられるもの

でも人気があるのはやはりフード店で、
ホットドッグ、ナッツの砂糖がけ、クッキー、綿あめ。
特にウインナーの国だけあって、ホットドッグの種類(というかウインナーの種類)は豊富。
色々なウインナー、色々なパンがあって、どれもおいしそう。
私達は50cmくらいある長ーいホットドッグを食べました。うま!
あと、チョコバナナ!私は日本の縁日を思い出しました。
バナナにチョコをかけるという単純な作り方から、形も味もまさしくそのまんま。お値段も2€と同じくらい。
他にチョコイチゴ、イチゴとバナナのミックスもありましたがミックスは3€也。
ロバートはGlühwein(グリューワイン=ホットワイン)やEierpunsch(エッグプンシュ=卵酒)を飲んでいました。
どちらもちょっと甘すぎるので私は苦手。でも寒いときには温まりますね。

ウインナー色々

ウインナー色々。好きなのをオーダーできます。うーん、美味しそう!

Glühwein(グリューワイン)色々

Glühwein(グリューワイン)やEierpunsch(エッグプンシュ=卵酒)のメニュー。

Glühwein(グリューワイン)

ロバートが飲んでいたGlühwein(グリューワイン)。ちなみにこのカップは持って帰れます。返せばカップ代が戻ってきます。ただ、その街のオリジナルカップなので、記念に持って帰りたくなります。金をとるかプレミア感をとるか…。

キャンドル売り場

キャンドルはキレイですね~。ついつい欲しくなっちゃうけど、じゃ、いつ使うのか、という話で…。クリスマスはロバートの実家にお邪魔しているだろうし。

キャンドル売り場

とにかく色々なキャンドルがあります。

キャンドル売り場

これも魅力的なキャンドルグラス。大きさにも依りますが10~20€くらい。

色々なオーナメントクッキー

色々なオーナメントクッキー、レープクーヘン(Lebkuchen)。お味は?とロバートに聞いたところ、「Not so good.」ということで、特に買う必要はないですね。

ミニ遊園地が登場

クリスマスマーケットの広場や教会前には、突如メリーゴーラウンドが設置されていたりして子供達は大はしゃぎ。
それを見ているおばあちゃんおじいちゃんも幸せそう。
温かい気持ちになりますね。

メリーゴーラウンド

広場に設置されたミニアトラクション。子供達(とおばあちゃん達)が嬉しそうです。

このマーケットがクリスマスまで続きます。
とは言っても23日には終了、24日はやっていませんのでご注意を!
2013年のWürzburgは「11月29日〜12月23日 20:30」と書いてありましたので
日本みたいに、クリスマスイブにイルミネーションを見に出かける、ということは無いのです。

ドイツのクリスマスマーケット2013

クリスマスの街並み。