ゴミの分別、出し方

ドイツはリサイクルやエコを推進しているので、ゴミの分別、捨て方にも細かいルールが定められています。
日本でも(あくまで私が住んでいた地域は)ゴミの分別ルールは超細かったので、個人的にはドイツのルールも大したことはないですが、たまに「えっ?これってこっちの分類なの?」という事がありますので、ドイツと言ったら避けて通れない、ゴミの分別・出し方をご紹介します(当ページでは主に家庭ごみ)。

» 「洋服や靴を捨てられる(リサイクルできる)回収コンテナー」 についてはコチラ

ドイツのゴミ箱、茶色、青、黒。
まず、一戸建てなら近所に、アパートメントならその敷地内に、青、茶色、黒のプラスチックの大きな分別用ゴミ箱が置かれているので、そこまで捨てに行きます。
 

紙ごみは青いゴミ箱へ

青いゴミ箱(Papiertonne)は紙、古新聞紙、チラシ、段ボール用です。
デリバリーピザなどの空の紙ケースも汚れが酷く付いていなければOK。

ただ、食べ物が直接入っていた空箱や、使用済みのティッシュはここには該当しません。
他にもNGな例を挙げると、写真、貼り紙、汚れた紙、レシートや昔のFAX用紙のような感熱紙、壁紙は Papiertonne には捨ててはいけない紙です。
あくまでリサイクル(再利用)できる紙という位置づけです。

我が家は通販の買物が多いので、すぐ段ボールが溜まり、さらに集荷日が近づくと、その青いゴミ箱(Papiertonne)が一杯になって入れられなかったりしたので、早め早めに、極端な時は集荷日の次の日に(!)出していたりしたのですが、ある日、管理人さんより「紙用のゴミ箱がすぐ満杯になって壊れるから、大きな段ボールゴミは集荷の前日に出してちょーだい」と、貼り紙とお手紙のダブルパンチ。
そうでしたか、それはすみませんでした。
よってそれ以来、大きな段ボールゴミは集荷の前日に出すようにしています。
ゴミ箱に入りきらなければ入れずに置いておけばいいようです(前もってパンパンに入れられるよりは)。
でもこれって、それぞれアパートメントに依ってルールが違うのかもしれないので、あくまで一例としてご認識ください。

とにかく言えるのは、青いゴミ箱(Papiertonne)はリサイクル可能な紙用、ということ。
 

生ごみは茶色いゴミ箱へ

生ごみは茶色いゴミ箱(Biotonne)へ入れましょう。
とはいえ、生ごみの分別の定義がややこしく、ルールに書かれているのを見ると、捨てていいのは以下の通り。

茶色のゴミ箱(Biotonne)に捨てていいもの
  • Brot-, Gebäckreste: パンなどの残り
  • Gemüseabfälle: 野菜くず
  • Kaffeefilter: コーヒーのフィルター
  • Obst-, Salatreste: 果物やサラダの残り
  • Speisereste(ohne Fleisch, Knochen, Fisch): 食べ物の残り(但し、肉や魚そのものはダメ、骨もダメ)
  • Teebeitel: ティーパック
  • Zimmerpflanzen(ohne Topf): 草、葉っぱ、観葉植物(但し、鉢を除く)
  • Küchenrollenpapier: キッチンペーパー(紙タオル)

さて、観葉植物は捨てていい、でも鉢はダメなのね、はいはい、じゃ、土は?
気になって調べたら、ドイツ版「教えてgoo」みたいなサイトにありました、同じような疑問を持っている方の質問が。
結果としては、土も茶色いゴミ箱に捨てていいようです。
「新しい土と混ぜて活用できますよ」などの回答もありましたが、活用するんじゃなくて捨てたいんじゃい(引越のため、極力要らない物を捨てたかった)。
» そのQ&Aサイトはコチラ(ドイツ語)

生ごみをどうやって共用のゴミ箱に入れるか

また、そういった野菜くずや食べ残しの生ごみを捨てる際、何かに入れて捨てるべきなのか、直接ゴミ箱に入れるべきなのかよく分かりませんでしたが、生ごみ用の袋があると友人が教えてくれました。

BIO-MÜLLBEUTEL」と書かれたものがそれです。

ドイツの生ゴミ用の紙袋「BIO-MÜLLBEUTEL」

生ゴミ用の紙袋「BIO-MÜLLBEUTEL」


ドイツの生ゴミ用のビニール袋「BIO-MÜLLBEUTEL」

生ゴミ用のビニール袋「BIO-MÜLLBEUTEL」

紙袋の方がエコな気がしますが、その名の通り紙なので濡れると破れやすいのが難点。
下半分に新聞紙をひいたりしてみましたが、やはり水分の多い果物の残りカス(例えばメロンのタネ部分)なんかを捨てるとヨレヨレしてきて、ゴミ捨て場まで運ぶ途中で破れそうで危険。
やはりビニールの方が使い勝手がいいです。

さて、他の方が捨てたゴミを見てみると、スーパーで野菜を買うときに入れる透明のビニールに入れたりしているので、それでも問題ないと思うのですが、堂々と捨てるならやはり「BIO-MÜLLBEUTEL」かと。
私は、最近はもっぱら「BIO-MÜLLBEUTEL(ビニールタイプ)」を使っています。
少々高いのが難点ではあるけども。

ごみ捨てのスケジュールに依っては、次に紹介する黒いゴミ箱用のゴミと混ぜて捨てちゃうことも。

落ち葉・枯れた植物、水分が無い生ゴミ(例えば芽が出てきちゃったジャガイモ、硬くなったパン)などは直接ゴミ箱に捨てられています。
ゴミ箱を共用するご近所さんは、生粋のドイツ人、どちらかと言うとお年寄りが住んでいますので、そのやり方で概ね間違っていないはず。
 

黒いゴミ箱はその他雑多のゴミ用

黒いゴミ箱(Restmülltone)は、残りの家庭ゴミあれこれ。
オムツや生理用品などの衛生用品もここに入ります。

料理で残った油もこちら、黒いゴミ箱。
油の捨て方としては、日本と同じ、新聞紙やキッチンペーパーなどに染み込ませてビニールに入れて捨てます。
※料理で残った油の量とは1~2リットル程度を指し、もし大量な場合(新聞紙などに染み込ませていられない量)は、問題のある廃棄物の「Altöl(古い油)」に該当するハズです。

意外だなと思ったのは、卵の殻は生ごみの茶色のゴミ箱へ分別したい衝動に駆られますが、こちらの黒いゴミ箱なんだそうです。
あと、肉、魚そのもの(例えば食べないまま古くなった肉の塊そのものとか)、骨もこちら、黒いゴミ箱。
 

食品の容器などは黄色いビニール(Gelber Sack)に

ここで、ゴミ箱ではなく黄色いビニール袋が登場。
その名も Gelber Sack(ゲルバー サック)、直訳すると黄色い袋(そのままやんけ)。
Gelber Sack に捨てていいものは、基本的に食品や洗剤・シャンプーなどの空の容器になりますが、細かい内容は以下をご参照ください。

黄色いビニール袋(Gelber Sack)に捨てていいもの
金属カテゴリ
  • Konservendosen(sauber): 缶詰の缶(但しキレイな)
  • Getränkedosen: 飲料水の缶
  • Kronkorken: ボトルキャップ
  • Metallbehälter und -deckel: 金属容器と蓋
  • Alu-Schalen: 使い捨て用アルミホイル容器
  • Alufolien(nicht zusammengeknüllt): しわくちゃでないアルミホイル
  • Farbdosen, pinselrein: ペイント缶(もちろん空)とその筆
  • Spraydosen(nur völlig entleert): スプレー缶(但し完全に使い切ること)
  • Tuben aus Alu(z.B. von Tomatenmark): アルミニウム製チューブ(例えばトマトペースト等食品の)
複合物?混合物?カテゴリ
  • Milch- und andere Getränkekartons: 牛乳や他の飲料の紙パック
  • Vakuumverpackungen: 真空パックされていた梱包用のビニール(ハムとかチーズなどのパッケージ)
  • Portionsdosen: 小分け用のタッパーみたいなの?
プラスチックカテゴリ
  • Folien, Tragetaschen, Plastikbeutel: ラップ、トートバッグ、ビニール袋
  • Plastikflaschen ohne Pfand: プファンド(預かり金)無しのペットボトル
  • Kunststoffkanister, -behälter: プラスチック容器、箱(例えば水を貯蔵しておくタンクみたいなやつ)
  • Becher z.B. von Milchprodukten, Margarine, etc.: 乳製品、マーガリンなどのカップ
  • Schaumstoffe von Verpackungen: 梱包用発泡スチロール
  • Tuben von Zahnpasta, Lebensmittel: 食品や歯磨き粉のチューブ

など。
正確に言うと、パッケージの裏面にリサイクルマーク?(下記画像参照)がついたものが Gelber Sack に捨てていいものです。
ただ、大手はそのマークをちゃんとパッケージに付けていますが、マークを付けていないメーカーもあって、例えばシャンプーの容器でも、マークが付いているものと付いていないものがあって、でも同じシャンプーの容器でしょう?
なもんで、そのマークが付いていなくても、シャンプー容器は Gelber Sack に捨てています。
あと、使い切ってあること、空であることが基本です。

ドイツのエコマーク。Gelber Sackに捨てていいマーク。

基本的には、Gelber Sackに捨てていい物にはこのマークがついています。

Gelber Sack はゴミ捨て場に設置してあるわけじゃなく、自分で用意して自分の部屋で溜めておいて、集荷日近くなったらゴミ捨て場に置く、という流れです。

Gelber Sack の袋自体は役所などで配布しています

ヴュルツブルクでの話になりますが、詳しくは市役所のページで紹介されています。

「Ausserdem erhalten Sie zusätzliche Gelbe Säcke an folgenden Stellen(次の場所で追加のゲルバーサックを受け取ることができます)」と書かれているところ、そこに各部署と営業時間などが書かれています。

市役所まで取りに行くのは面倒だと常々思っているのですが、下の方に「Jedes Müllfahrzeug hat Gelbe Säcke dabei. Fragen Sie den Fahrer(すべてのゴミ車はゲルバーサックを持っています。ドライバに聞いてね)」と書かれていますね。
へぇー、試したことはないけど、そうなんですね。

ドイツの黄色いビニール袋 Gelber Sack(ゲルバー・サック)

食品の容器などを捨てる黄色いビニール袋、Gelber Sack(ゲルバー・サック)。ロール状になっていて、ミシン目で一袋ずつ切り取って使います。


 

空きビンはグラスコンテイナー(Glascontainer)へ

例えばビールなどの空きビンはまた違った方法で、今度は敷地内ではなく近所に(運がよければ徒歩1分、遠くとも徒歩5分圏内はあるハズ)、空ビン用コンテナー(Glascontainer)があるので、そこに捨てに行きます。
3つコンテナーが並んでいて、捨てる穴の縁に、白・緑・茶色の色が付いているので、その通りそのまま、白い(透明な)瓶は白、緑の瓶は緑、茶色の瓶は茶色に捨てます。

ここで注意点、「捨てていいのは平日の7:00~19:00」とあります。
(日中の静寂時間帯とされている13:00~15:00も避けた方がいいのかも)
捨てる際にビンが割れてうるさいので、近くの住人に配慮したルールなのですが、でもよく見るとその下に「日曜、祝日は捨てるの禁止」とある。
じゃ土曜はいいの?土曜って平日扱いなの?とツッコミたくなりますが、まぁ、平日の7:00~19:00厳守!と言われたら、働いている人は捨てられなくなしますしね、兎に角、土曜もなぁなぁでOKな模様。

おっともうひとつ、このコンテナーに捨てていいのは、あくまでドリンクや食品の瓶であって、食器類はここに捨ててはなりませぬ。
食器類は小さいものなら黒の Restmülltone へ他のと混ぜて捨てちゃうか、何枚もあったり大きい場合は下で紹介する Wertstoffhof へ持っていきます。

他にも、捨ててはダメなものを挙げた方が分かりやすいので、以下にNGリストを記載します。

グラスコンテイナーに捨ててはダメなもの
  • Bleikristall: クリスタルガラス(凝った装飾が施されている重厚なグラスや灰皿みたいなやつ)
  • feuerfestes Glas: 耐熱ガラス
  • Flachglas(z.B. Fensterscheiben): 板ガラス(例えば、窓ガラス)
  • Glühbirnen: 電球
  • Keramil: セラミクス
  • Metalldeckel: 金属製の蓋
  • Porzellan: 磁器、食器
  • Spiegel: 鏡

コンテナー自体(ビンを入れる穴のすぐ下)にも、こんなんはダメよ、とバツマークで提示されていますので一度確認されるといいかと思います。

ドイツのビン(瓶)専用のゴミ箱(コンテナー)

ビン専用のコンテナー。捨てる穴の縁に色がついています。ちょっと剥げちゃってて分かりづらいですが、左から白瓶、緑瓶、茶瓶用。


 

問題のある廃棄物

problemmüll、いわゆる問題のある廃棄物のことなんですが、それらは街にある Wertstoffhof(資源ごみ所?)まで持っていく必要があるそうです。
ヴュルツブルクの Wertstoffhof の場所はコチラに載っています。

問題のある廃棄物リスト
  • Abbeizmittel: 塗料剥離剤
  • Altöl (bis 5 Liter): 古い油(最大5リットル)
  • Autobatterien (bis zu 2 Stück): カーバッテリー(2台まで)
  • Batterien und Knopfzellen: 電池
  • Chemiebaukästen mit Restinhalten: 残りがある化学キット
  • Desinfektionsmittel: 消毒液
  • Energiesparlampen: 省エネランプ
  • Farb- und Lackreste (nicht eingetrocknet): ペイント液体(乾燥していない)
  • Fotochemikalien, unvermischt (bis zu 3l): 混合されていない現像液(3Lまで)
  • Holzschutz- und Imprägnierungsmittel: 木材防腐剤および含浸剤
  • Klebstoffe mit Lösemitteln: 溶剤と接着剤
  • Leuchtstoffröhren (bis zu 10 Stück): 蛍光灯(最大10個)
  • Nagellack und chemische Färbemittel: マニキュアや化学着色剤
  • Petroleum, Waschbenzin: 石油ベンジン
  • Pflanzenschutzmittel: 農薬
  • PU-Schaum-Dosen: PUフォーム缶
  • Putzmittelreste und WC-Reiniger: トイレクリーナーの残り
  • Rostschutzmittel und -umwandler: 防錆剤とコンバーター
  • Säuren und Laugen (bis zu 3l): 酸、アルカリ(3Lまで)
  • Spraydosen mit Restinhalten oder Treibgasresten: 残りがあるLPG缶スプレー
  • Terpentin und andere Lösungsmittel (bis zu 1l): テレビン油および他の溶媒(最大1リットル)

上記のリストに電池とありますが、大きいスーパーマーケット(例えばreal)やドラッグストアdmなんかには、電池用の回収箱が置いてあったりするので、そこに捨てることもできます。
 

粗大ごみ

コンピューター、テレビ、掃除機、冷蔵庫、洗濯機など大型家電、ベッドのマットレス、家具全般などの粗大ごみも、上記 problemmüll(問題のある廃棄物)同様、Wertstoffhof(資源ごみ所)まで持っていく必要があるそうですが、夫ロバートの場合は業者に電話して引き取りに来てもらっています(もちろんお金がかかります)。
 

ゴミ回収日

ごみ収集日は毎週1回ですが、例えば今週は黒いゴミ箱(Restmülltone)だったら、次の週は黄色いビニール(Gelber Sack)と青いゴミ箱(Papiertonne)という様に、ゴミの種類からすると隔週です。

生ごみにあたる茶色のゴミ箱(Biotonne)は週1で回収ですが(冬場は隔週の場合も)、夏場はご注意を。
外のゴミ箱に捨てれば自分の部屋は臭わなくて済むけど、ゴミ捨て場がエライことになりますから、これもマナーかと。

また、年末年始はイレギュラーなスケジュールになるので(年末は案外早く年内の集荷が終わってしまう)、ゴミ回収日はチェックしてカレンダーに書いておいた方がいいです。

それぞれのゴミ回収日は市役所のホームページに記載があると思います。
» ヴュルツブルクのゴミ回収情報はコチラ
カレンダー図の上にある Straße 枠に ストリート名を入れると、その地域のスケジュールが出ます。
 

ひとりごと

語学学校に通っている時、ゴミ分別の話になって、先生が 「ドイツのゴミ出しのルールは細かいでしょう~」 とドヤ顔(?)で言っていて、他の国の生徒さん達も 「うわ~」 と驚いていましたが、実は日本(私の住んでいた地域)もそれなりに細かったので 「日本も同じようなもんよ」 と言いたかったです(言いたかったのに、ドイツ語で説明ができなかった!)。
今なら言える、
「日本のゴミの分別はドイツと同じくらい複雑です。」
 ↓ドイツ語で
「Die Mülltrennung in Japan ist genauso kompliziert wie in Deutschland.」

ちなみにゴミの分別は、ドイツ人であるロバートの方が適当で、結婚前は Gelber Sack も使っておらず、古紙(というか段ボール)も溜めるだけ溜め込んで、最終的には業者に引き取りに来てもらうという!(笑)
私が Gelber Sack を使い始めたり、「今週は古紙、来週は◯◯ゴミだからね」と言い始めた時は、「ごみオタクになった(←日本語で)」と言われました。えー?
今では分別を考えて捨ててくれていますが、たまーに食品のケースが黒い方に入っているんだよ、知ってた?